二 十 四 軒 火事。 二十四孝

火事 軒 二 四 十

明治11年3月17日にも放火により桜町地区の宮本氏の物置から出火し、7軒を類焼する火災になった。

火事 軒 二 四 十

火消人足は五印にわかれていました。 丁蘭 [ ] (ていらん)の母が亡くなると、丁蘭は母の死を悲しみ、母の木像を作って生きている時のように尽くした。

5
火事 軒 二 四 十

『御伽草子』下、校注、岩波書店〈岩波文庫〉、1986年3月。 5) 万治四年(1661)正月十九日 江戸大火。

10
火事 軒 二 四 十

『』〈第38巻 御伽草子、二十四孝詩選〉、1977年。

12
火事 軒 二 四 十

すると、一夜のうちに風雨の音がして、木像は元の場所に戻ったと言う。

3
火事 軒 二 四 十

丁蘭の妻がある夜、母の木像の顔を火で焦がしてしまうと、木像は腫れて血が流れ、2日経つと妻の髪の毛が全てなくなってしまった。

10