重宝 読み方。 「珍重」正しく読めますか?「ちん」から始まる正解は…さて、どっちだ?

読み方 重宝

2019年7月11日閲覧。 2:「物事に手を加え少し変えたり動かしたりすること」 ある物に手を加えて変更する事や動かすことの意味。

9
読み方 重宝

ビジネスシーンに限らず、ちょうふくとじゅうふくはどっちが正しいのかで迷うはずです。 ただ、やはり正式な読み方は「ちょうふく」なので、そちらの使用を推奨します。

15
読み方 重宝

4:「おもしろおかしく、からかうこと」 からかうという意味の「弄って」は、バラエティ番組やネットなどでよく使われ、時に「イジって」とカタカナで表記されることも多いです。 2019年3月23日閲覧。 このように 「重宝」には、 「大切で珍重すべき宝」という意味があると知ると、身近にある 「重宝」しているものを大切にしようという気持ちになれるかもしれません。

11
読み方 重宝

「関わる」の類語 「関わる」の類語・類義語としては、関係があることを意味する「関する」、今話題になっている事柄に直接関係することを意味する「当該」、その事柄に直接関係することを意味する「当事」、関係が及ぶことを意味する「連なる」などがあります。 「重宝(じゅうほう)」は、「貴重な宝物」という意味の言葉です。 ビジネスシーンでは、正式名称である「ちょうふく」を使いましょう。

読み方 重宝

また 重宝(ちょうほう)の類義語としては、「便宜(べんぎ)・実用(じつよう)・有益(ゆうえき)・勝手が良い」などの言葉が挙げられます。

2
読み方 重宝

「荷役」の正しい読み方、知っていますか?「荷役」とは船荷のあげおろしをすること。 漢字の形や由来を知ると、意味や読み方も理解しやすいですね。 jp」のみになります。

16