横須賀 線 路線 図。 日本の鉄道ラインカラー一覧

路線 横須賀 図 線

掲示色のRGB値は、の「COLORGUIDE」アプリを用い、サインマニュアルに掲載されたDICコードを検索して表示される値(HTML値)を参考。

3
路線 横須賀 図 線

以東では近鉄のカラー(赤)が使われる。 横須賀線では投入した32系電車にを採用するなどの施策をとり、優等旅客向けの(現在のグリーン車)も当初より連結されたほか、基本4もしくは5両・増結3もしくは2両の4 - 7両編成もしくはこれに皇族御乗用車を増結した9両編成という長編成で運用された ことも特徴となっている。 路線 記号 色 ( - ) A 黄緑 B ブラウン C 青 (米子以西、 - ) D 橙 E 山吹色 F 水色 伯備線(新見 - 米子) V 緑色 広島支社(広島地区)のラインカラー:2014年度末より、の導入に合わせ、広島駅周辺の4路線(山陽本線・呉線・可部線・芸備線)のみ路線記号とともに新カラーが制定された。

路線 横須賀 図 線

IGRいわて銀河鉄道 [ ] ブルー 仙台空港鉄道 [ ] ブルー 関東鉄道 [ ] 列車種別案内色 快速 普通 富山地方鉄道(鉄道線) [ ] かつて路線案内色は完全に統一はなされていなかったが、2019年の導入に伴って路線別の色分けが改めて制定された。 :大船信号場設置• 同駅は横須賀線の運行拠点のひとつとなっているほか、のが近接しており、同線沿線にある(旧)からの車両輸送用の専用線が横須賀線から分岐している。

路線 横須賀 図 線

ただ、大津線管内では案内サインの地色に水色が使われることが多い点や、東西線内では京津線のラインカラーとして水色が使われている点に、その名残が残っている。 15km)開業。 2020年6月1日にから移管。

5
路線 横須賀 図 線

JR西日本発足後に新形式として製造された通勤型車両で唯一国鉄時代の車体色を継承している。 岡山支社は対象区間を「福山 - 」と扱っているが、公式サイトの全域路線図では全区間が包含されている。

2
路線 横須賀 図 線

- (2019年7月24日閲覧)• 複線区間:大船駅 - 横須賀駅間 15. 乗換路線• 保安装置:• JR西日本の(京阪神地区)の各路線では、発足後の1990年に車体色とは異なった線別のラインカラーが定められた。

14