収支 決算 報告 書。 収支計算書(収支報告書) 書き方

報告 書 決算 収支

収入で言えば「会費」や「補助金」、支出で言えば「」「」などを指します。

7
報告 書 決算 収支

もちろん、上記の書類をすべて作成する自治体や町内会も存在します。 年齢が近い人同士の集まりであれば作成は不要かもしれませんが、お金の管理に厳しい上司がいる場合や、会社のイベント 飲み会や忘年会 ごとでは収支報告書が必要となるケースは多いです。 謝恩会の場合には、主に以下のような収支報告書で十分かと思います。

8
報告 書 決算 収支

年度末の総会前に、現金出納帳と預金出納帳をもとに作成していきます。 監査報告の監事署名 会計報告をする前には、団体の監事が帳簿等を使って監査を行います。

報告 書 決算 収支

予備費 予算を立てる時点では想定できなかった支出に使うお金です。 収支決算書の記載項目• を作成する 決算報告書として作成する書類(収支計算書や財産目録)を会則や過去の帳簿などを確認して作成します。 報告を行う相手も先ほどの会計報告とは大きく違っています。

10
報告 書 決算 収支

いずれの場合も、 どのような活動で収入・支出が発生したかを明記することがポイントとなります。

15
報告 書 決算 収支

を受ける 予算書、決算報告書、帳簿、領収書などの書類について監事による会計監査を受けます。 他にも以下のような形式があります。 新役員の選任及び新役員への引き継ぎ (注)役員の任期はその団体により異なりますので、引き継ぎについては、任期満了時など適宜行うようにしましょう。

9
報告 書 決算 収支

このような事情もあってか、会計報告は忘年会、親睦会などの飲み会の前に行われることも多いです。 経済的事象の発生について記録する「発生主義」かつ「複式簿記」によって記帳されます。 収支計算書の構成は基本的に毎年同じです。

19
報告 書 決算 収支

金額計算や日々の記帳は、EXCELやを活用することをおすすめします。

13