生活 保護 法 63 条。 生活保護法63条に基づく費用返還請求処分が裁量権の範囲を逸脱した違法があるものとして取り消された事例(東京高判R2.6.8)【確定】

法 生活 条 保護 63

2 この法律 (第11条、第12条及び第34条の規定を除く。 居住地を持たない、「ホームレス」状態にいる者からの保護の申請があったときには、申請者がとくに別の取扱いを希望した場合を除き、居宅において生活扶助を行うこととすべきであり、やむを得ず一時的に保護施設若しくは無料低額宿泊所等に入所させた場合であっても、居宅生活を行う上で必要な支援を実施することを前提として、速やかに居宅生活へ移行するよう、関連する通知等を改訂し、関係機関に周知徹底すること。 増額する世帯もあるということでもあるが、削減する世帯への生活の影響を考え、削減については撤回することを要望する。

1
法 生活 条 保護 63

2 前項の規定による徴収金は、この法律に別段の定めがある場合を除き、国税徴収の例により徴収することができる。 生活扶助• 次条第1項において 「旧道州制特区法」という。 ただ、リンク先にありますとおり、熊本地震の最初の義援金は、「自立更生計画書」に、使い道を細かくかかなくて良いとなっていますが、その他の場合には、「自立更生計画書」に、これこれにいくら使いたい、ということを書く必要があります。

13
法 生活 条 保護 63

06 施行• )、第87条から第92条まで、第99条 (道路法第24条の3及び第48条の3の改正規定に限る。 そのような場合は徴収金として処理されます。 4.正当な理由がないのに、第41条第2項第6号の予定年月日(同条第5項の規定により変更の認可を受けたときは、その認可を受けた予定年月日)までに事業を開始しないとき。

法 生活 条 保護 63

)並びに同法附則第2条及び第13条の11第1項の改正規定並びに第22条の規定並びに附則第20条 (第1項ただし書を除く。 1点だけ。 そのことに気が付かず督促状を該当者に送付していました。

19
法 生活 条 保護 63

6 第1項第5号及び第8号に規定する介護予防支援計画とは、居宅において生活を営む要支援者が介護予防その他身体上又は精神上の障害があるために入浴、排せつ、食事等の日常生活における基本的な動作の全部若しくは一部について常時介護を要し、又は日常生活を営むのに支障がある状態の軽減又は悪化の防止に資する保健医療サービス及び福祉サービス (以下この項において 「介護予防等」という。 )並びに附則第60条の規定 平成28年4月1日までの間において政令で定める日. )、第156条 (マンションの建替えの円滑化等に関する法律第102条の改正規定を除く。

法 生活 条 保護 63

)、第107条、第108条、第115条 (首都圏近郊緑地保全法第15条及び第17条の改正規定に限る。

5
法 生活 条 保護 63

)について適用し、昭和63年度以前の年度における事務又は事業の実施により平成元年度以降の年度に支出される国の負担又は補助及び昭和63年度以前の年度の歳出予算に係る国の負担又は補助で平成元年度以降の年度に繰り越されたものについては、なお従前の例による。 )、第44条第1項若しくは第54条第1項の規定による当該職員の調査若しくは検査を拒み、妨げ、若しくは忌避した者は、30万円以下の罰金に処する。

9