世界 経済 見通し。 ウィズコロナ下での世界・日本経済の展望|2021年2月 2020~2022年度の内外経済見通し

経済 見通し 世界

OECDのチーフエコノミスト、ローレンス・ブーン氏は、「世界経済は現在、多くの摩擦を抱えながら回復に向けて進んでいる」と指摘。

経済 見通し 世界

アメリカと新興国のコントラストはあまりにも大きい。 欧州中央銀行 ECB は、政策金利を据え置き、追加の量的緩和は行わないと考えています。 おそらく、2020年につける谷が深い分、2021年につける山も高くなるので、両年を合計した数字を「コロナショックの傷跡」と見なすことで、コロナショックを経た各国の立ち位置を見やすくできるかもしれない。

15
経済 見通し 世界

新興国の成長率は先進国のそれを上回ってはいるものの、コロナショック以前の格差は5年平均(2015~2019年)で2. 中国では一部地域で再び感染が確認されているが、局所的な都市封鎖や市民の隔離、春節連休の帰省自粛により、全国的な感染拡大は回避している。 【図表4】中期的に見たGDP損失の比較。

16
経済 見通し 世界

もっとも、これから銀行部門に降りかかる与信コストの悪化を踏まえると、「いまのところは」と付言せざるを得ないこともIMFは指摘している。

3
経済 見通し 世界

2%とした。 【ユーロ圏】 新型コロナウイルスワクチンの配布が進むことで集団免疫の獲得が見込まれ、冬までには経済再開、旅行者数も一部増加することが期待されることから、2021年のユーロ圏経済見通しは4. もちろん、潜在成長率や拡張財政の規模、金融政策の運営、産業構造など、比較すべき論点は多岐にわたるため、成長率の差はワクチン接種状況のみに帰する問題ではない。

3
経済 見通し 世界

為替の視点から言えば、ドル高が起こりやすい局面が続くと思われる。

20
経済 見通し 世界

2020 年 4 月 WEO の予想と同じように、今回の予想も通常より不確実性が高い。 2章 コロナ禍の後遺症 中期的な経済損失の見通し 本章では、新型コロナウイルスによる景気後退から生じうる、長期的に持続する損失( scarring 、傷跡)の可能性について、また、それが生じうる経路について検討する。 ただし、多くの国々の経済では、長期間インフレは抑制された水準で推移することが見込まれ、極端な引き締めには至らないと考えます。

6
経済 見通し 世界

【図表3】先進国と新興国の成長率の推移。 最近のワクチン承認によって今年後半にはパンデミックが収束に向かうとの期待が高まっているものの、新たな感染の波や、ウイルスの新しい変異種が見通しにとって懸念の種となっている。 総括 今年に入ってから、新型コロナウイルスによ って 100 万人以上の命が失われており、犠牲 者の数は増え続けている。

10