拘泥 意味。 「拘泥」の意味と使い方・読み方・例文・類語・「執着・固執」の違い

意味 拘泥

「拘泥」の意味とは? 「拘泥」の意味は「こだわること」 「拘泥(こうでい)」とは「必要以上に気にしてこだわること」を意味する言葉です。

9
意味 拘泥

何かに拘っていることを伝えたい場合に使える言葉です。 泥 一方「泥」は、音読みは「デイ」、そして訓読みすると「どろ」です。 異様なまでに拘泥している彼に、疑問を覚えた ・拘る…必要以上に気にする。

18
意味 拘泥

どうしてこの漢字を使うのかわかりますか? 実はこういう意味がありました! 「泥」には「こだわる」という意味もあります。 「拘」は「1つのことに捉われてこだわること」を、「泥」は「対象のものを気にして、心から忘れられないこと」をそれぞれ意味します。

意味 拘泥

たとえば「勝負の内容はさておき、勝敗にばかり拘泥する」といったように、主にネガティブな意味合いの文章で用い 「 忸怩たる思い」は音の響きや語感から「ぐじぐじ悩む」「腹立たしく思う」という意味で用いられることが多いですが、それらばすべて誤用。 でも、使い慣れていないと咄嗟に出てこなかったりしますよね。

9
意味 拘泥

「没却」とは「無視すること」「念頭に置かないこと」を意味する単語です。 最後までお読みくださりありがとうございました!. いずれも一つのことに頑固にこだわったり、心をとらわれてしまったりするという意味ですね。 」 執着 執着の読み方としては、「しゅうちゃく」と「しゅうじゅく」があります。

意味 拘泥

一方、拘泥は硬い言葉であるため、話し言葉としては使いません。 拘の字には拘束のニュアンスを含んだ表現が多くあります。 したがって、二つの字が合わさった「拘泥」は、些細なことを必要以上に気にかけることを指すネガティブな意味合いの言葉なのです。

12
意味 拘泥

「顕」は「あらわれる」「明らか」などの意味がある漢字です。 深く思い込んで忘れられないこと」です。

13