端的 に 言う と。 「端的」とは?意味や使い方をご紹介

言う と に 端的

おすすめ記事: 2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる 転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、 「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。 はっきり明白なようすを表す「端的」に対し、無駄が多くまとまらないという「冗漫」は、反対の意味と言えるでしょう。

20
言う と に 端的

転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。 「要するに」や「つまり」などと同じように、はっきりと簡単で手短にというニュアンスです。

8
言う と に 端的

上記の例の「端的に説明する」とは、手間をかけずに要点を押さえて説明することを意味します。 「端的」には、 「はっきりとしている」という意味があります。 特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。

15
言う と に 端的

一方、簡潔を英語にすると「brief」「concise」「terse」となり、例えば上記の「簡潔な説明」を英語にすると「concise explanation」となります。 30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。 しかし、端的の意味・ニュアンスや内容は状況や個人の使い方によって異なります。

13
言う と に 端的

その他にも、たちどころであるさまや、はっきりとしているさまの意味も持っています。 ニュアンスの違いとしては簡潔は「表現がスッキリしていて少ない言葉数で示すこと」を示しており端的は「手間なく要点を抑えていること」を示す言葉です。

16
言う と に 端的

しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。 おすすめ記事:. 簡明(簡単ではっきりしていること)• たとえば、買い物にでかけたときに店員さんの説明が、まとまっていてとてもわかりやすいとき「彼の説明は端的で助かる」などと使います。 あなたの文章は端的でわかりやすいですね。

16
言う と に 端的

Simply put 簡単に言うと 「簡単に言うと」は英語でsimply putという表現です。

8
言う と に 端的

端的に言うと、今がこのニュースを発表するのにベストなタイミングだ。

7
言う と に 端的

簡潔の使い方 簡潔を使った分かりやすい例としては、「報告書は簡潔かつ客観的な視点で書くように」「くどい文章を簡潔な文章に修正する」「子供は簡潔な話し方ができない」「簡潔すぎる文章は誤解を招く」などがあります。 ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。 「端的」は「単刀直入」とも言い換えられる 「単刀直入(たんとうちょくにゅう)」とは、前置きをしないですぐに本題に入ることという意味。

10