気象庁 地震。 緊急地震速報の精度向上に向けた気象庁の取組について

地震 気象庁

(約3ヶ月後に掲載) 震源、検測値、発震機構、震度、津波、ひずみのデータを掲載しています。 これにより、たとえ地震の識別が完全にはできなかったとしても、大きく離れた位置に震源を推定してしまうことが少なくなりました。

7
地震 気象庁

)後の平成22年度末から平成23年度にかけて一時的に精度が低下したものを除くと、概ね80%の精度で揺れを予測しています。

9
地震 気象庁

お知らせ• このずれを断層といいます。

12
地震 気象庁

それぞれのプレートは相対的に動いていて、その境界ではプレート同士が衝突したり、一方のプレートの下にもう一方のプレートが潜り込んだり(沈み込んだり)しています。

7
地震 気象庁

令和3年6月3日 を掲載しました• 世界や日本周辺ではどのくらい地震が起こっているのですか? 1年間の平均でみた、世界で起こっている地震の数は表1のとおりです。 お知らせ• 関連リンク• 震度6弱以上を観測し被害を伴った地震について、地震波形などの強震観測データを掲載しています。

19
地震 気象庁

1件~100件 全206件 震源地 中国中部 中国、チンハイ(青海)省 M7. なお、震源は岩盤のずれが始まったところを指すのに対し、震源域は岩盤にずれが生じた領域全体を指します。 これまでに発表した緊急地震速報を掲載しています。

16