生 化学 工業 株価。 生化学工業 (4548) : 株価診断・理論株価 [SEIKAGAKU]

株価 工業 生 化学

配当予想は6円増配の30円 第2四半期末15円、期末15円 である。

13
株価 工業 生 化学

また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 0倍の43億円計上の計画 の増加、新製品ジョイクルの発売、医薬品原体・医薬品受託製造の伸長などで2桁増収見込みとしている。 配当は期末4円上方修正 新製品ジョイクル承認記念配当4円 して、20年3月期比2円減配の24円 第2四半期末10円、期末14円 とした。 21年3月期の業績予想は新型コロナウイルスの影響が不透明なため未定としているが、8月27日にはカナダの子会社がCOVID-19ワクチンの製造に関する業務提携に合意したと発表している。

8
株価 工業 生 化学

「予想精度推移チャート」では、独自に集計した予想精度実績値を時系列で閲覧できます。

13
株価 工業 生 化学

通期利益は再上振れの可能性がありそうだ。 3月24日の終値は1064円、今期予想連結PER 会社予想連結EPS30円13銭で算出 は約35倍、今期予想配当利回り 会社予想20円で算出 は約1. 新型コロナウイルスの影響で遅延が生じているが、リモート下での治験対応策を実施している。 21年3月期は新型コロナウイルス影響や研究開発費増加で営業・経常予想だが、売上が回復基調であり、第3四半期累計の各利益は修正後の通期利益予想を上回っている。

株価 工業 生 化学

当期純利益は特別損失が一巡して黒字化した。

16
株価 工業 生 化学

上限20万株・2億40百万円で、取得期間は21年7月1日~21年8月12日としている。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 コスト面では国内薬価引き下げや売上構成比変化で原価率が0. SI-613-ETP 小野薬品工業とのSI-613の契約に含む は後期第2相臨床試験の解析が終了し、次のアクションを検討中である。

株価 工業 生 化学

新型コロナウイルスの影響で外来受診や手術件数が減少し、国内医薬品の薬価引き下げ、研究開発費の増加も影響した。 収益拡大を期待したい。 。

8
株価 工業 生 化学

収益拡大も期待したい。 米国では第2相臨床試験結果の解析が終了し、第3相臨床試験の検討と並行して提携先の選定を進めている。

1