たん じろう と ね ず こ。 竈門炭治郎 (かまどたんじろう)とは【ピクシブ百科事典】

じろう ね たん ず こ と

2倍補正に加えダメージ軽減もあり、耐久力は非常に高い。 完璧美品お求めの方はご遠慮下さい。

じろう ね たん ず こ と

そして炭治郎自身、 力試しや最強の称号、または立身出世を望んでのことではなく、「妹を元の人間に戻す」、ただその一念で身に付ける必要があった強さであり、根本は家業を継いで家族と穏やかに暮らす事に幸福を見出す普通の少年であることを付言する。

11
じろう ね たん ず こ と

外部出演 ジャンプ内のコラボ企画により、のイヤリングが炭治郎の耳飾りに変わっている回がある。 詳細は水の呼吸の項を参照。 集結していく柱の姿を見て自分も少しでも役に立とうとする炭治郎だが、無限城内で 無惨に斬られた右目から入り込んだ無惨の血液に細胞を破壊され、瀕死の状態となってしまう。

3
じろう ね たん ず こ と

サブ性能も非常に高いが、変身前提のため編成先は限られる。 この流派はその名の通り、 水の如く千変万化に戦況に対応する為に理論上、対応できない敵は存在しない。 の中では生まれ月では最年少でありながら、往来で一般女性に縋りつく善逸を 「なんでそんなに恥を晒すんだ」と叱咤し、猪突猛進の伊之助にサポートや連携の大切さを実践で教えるなど立ち位置も長男である(ただし、炭治郎も上述のような天然である為、逆に突っ込まれたり諭される事も多い)。

じろう ね たん ず こ と

その他、両耳に旭日の模様があしらわれた花札のような 耳飾りをしている(詳細は後述)。 劇中で鬼滅パロディが含まれている。 無惨との決戦は市街地に移動する。

3
じろう ね たん ず こ と

鬼を殲滅する鬼殺隊の炎柱である 煉獄 杏寿郎(画像:『鬼滅の刃』コミックス8巻)/火焔型土器/火焔文様 煉獄杏寿郎の衣装は、燃え上がる炎をかたどった「火焔(かえん)文様」。 産屋敷 耀哉(うぶやしきかがや)の和柄:ぼかしの羽織りに桧垣文様の帯. ゲーム中のイベント「ゴーストマリッジ」で炭治郎を思わせるシーンあり。 高難易度ならどこでもいける 最難関ダンジョンであるやをサクッとクリアできるのが強み。

じろう ね たん ず こ と

ダメージ無効貫通発動時やルーレット盤面の状況でもコンボを組みやすいのが強み。

20
じろう ね たん ず こ と

攻撃倍率は水属性と攻撃タイプに常時18倍かかるので扱いやすい。