花 の あと 映画。 花のあと (2009):あらすじ・キャストなど作品情報|シネマトゥデイ

あと 花 映画 の

「花のあと」製作委員会(、、、、、、、デスティニー)• 以登を亡きものにしようとしているのだ。 その噂を恐れ、年頃の娘は花見に出さないという家もあった。

1
あと 花 映画 の

ジャンプできる目次• それと、北川景子は最初から最後まで、ブスッとした表情や深刻そうな表情、険しい表情や強張った表情ばかりで、明るさや爽やかさは 皆無に等しい。 まず北川景子が明らかに役者不足。

13
あと 花 映画 の

その噂から一年。

20
あと 花 映画 の

ここもメイン2人のように役者不足だったら、この映画はどうなっちゃったんだろうかと考えると、ゾッとする。

18
あと 花 映画 の

以登の心は浮き浮きしていた。 5歳の時から、父・寺井甚左衛門に剣の手ほどきを受け、15歳の時には初めて父から一本取った。

19
あと 花 映画 の

あらすじ 女でありながら男顔負けの剣術の腕を持つ以登(北川景子)は、一度だけ竹刀を交えた江口孫四郎(宮尾俊太郎)に一瞬にして恋心を抱く。 産業を興して藩を富ませた一方、10人を越える側室を抱えた色好みとしても知られる。

13
あと 花 映画 の

以登を北川景子、才助を甲本雅裕、孫四郎を映画初出演と なるバレエダンサーの宮尾俊太郎、甚左衛門を國村隼、甚左衛門の友人の医者・宗庵を柄本明、加世を伊藤歩、藤井を市川亀治郎(現・ 四代目市川猿之助)、郁を相築あきこ、おふさを谷川清美、津勢を佐藤めぐみ、岡田を綱島郷太郎、小谷を重松収、国家老を堀内正美が 演じている。

13