あの 日 見 た 空 茜色 の 空 を ねえ 君 は 憶え てい ます か。 シド/嘘

を 空 の ます は 見 ねえ 茜色 憶え た 空 てい 日 か あの 君

Kanji: あの日見た空 茜色の空をねえ 君は憶えていますか 約束 契り 初夏の風が包む 二人 寄り添った 無理な笑顔の裏 伸びた影をかくまう だから 気づかぬふり 再生を選ぶ テーブルの上の 震えない知らせ 待ち続けて 空白の夜も 来るはずのない朝も 全部わかってたんだ あの日見た空 茜色の空を ねえ 君は忘れたのでしょう 約束 千切り 初夏の風に消えた 二人 戻れない 音も 色も 温度も 半分になった この部屋 今日も散らかしては 揺れ 疲れ 眠る 「上手に騙してね 嘘は嫌いで好き」君の言葉 今頃になって 気持ちは痛いほど だから 僕ら さよなら いつかまたねと 手を振り合ったけど もう逢うことはないのでしょう 最後の嘘は 優しい嘘でした 忘れない あの日見た空 茜色の空を ねえ いつか思い出すでしょう 果たせなかった 約束を抱いて 二人 歩き出す romaji Ano Hi Mita Sora Akane Iro no Sora wo Nee Kimi wa Oboeteimasu ka Yakusoku Chigiri Shoka no Kaze ga Tsutsumu Futari Yorisotta Muri na Egao no Ura Nobita Kage wo Kakumau Dakara Kizukanu Furi Saisei wo Erabu Teeburu no Ue no Fufuenai Shirase Machitsuzukete Kuuhaku no Yoru mo Kuru Hazu no Nai Asa mo Zenbu Wakattetanda Ano Hi Mita Sora Akane Iro no Sora wo Nee Kimi wa Wasureta no Deshou Yakusoku Chigiri Shoka no Kaze ni Kieta Futari Modorenai Oto mo Iro mo Ondou mo Hanbun ni Natta Kono Heya Kyou mo Chirakashite wa Yure Tsukare Nemuru Jouzu ni Damashite ne Uso wa Kirai de Suki Kimi no Kotoba Imagoro ni Natta Kimichi wa Itami Hodo Dakara Bokura Sayonara Itsu ka Mata ne to Te wo Furi Atta kedo Mou Au Koto wa Nai no Deshou Saigou no Uso wa Yasashii Uso Deshita Wasurenai Ano Hi Mita Sora Akane Iro no Sora wo Nee Itsuka Omoidasu Deshou Hatasenakatta Yakusoku wo Idaite Futari Arukidasu English: Hey, do you remember the scarlet sky, the sky that you saw on that day? 歌詞: 嘘 歌手: シド アニメ: 鋼の錬金術師 Lyrics: Uso Singer: SID Anime: Fullmetal Alchemist Lyrics Romaji 歌詞 Ano hi mita sora akaneiro no sora wo あの日見た空 茜色の空を nee kimi wa oboete imasu ka ねえ 君は憶えていますか Yakusoku chigiri shoka no kaze ga tsutsumu 約束 契り 初夏の風が包む futari yorisotta 二人 寄り添った Muri na egao no ura 無理な笑顔の裏 nobita kage wo kakumau 伸びた影をかくまう Dakara kizukanu furi だから 気づかぬふり saisei wo erabu 再生を選ぶ Teeburu no ue no テーブルの上の furuenai shirase machitsuzukete 震えない知らせ 待ち続けて Kuuhaku no yoru mo kuru hazu no nai asa mo 空白の夜も 来るはずのない朝も zenbu wakattetanda 全部わかってたんだ Ano hi mita sora akaneiro no sora wo あの日見た空 茜色の空を nee kimi wa wasureta no deshou ねえ 君は忘れたのでしょう Yakusoku chigiri shoka no kaze ni kieta 約束 千切り 初夏の風に消えた futari modorenai 二人 戻れない Oto mo iro mo ondo mo 音も 色も 温度も hanbun ni natta kono heya 半分になった この部屋 Kyou mo chirakashite wa 今日も散らかしては yure tsukare nemuru 揺れ 疲れ 眠る "Jouzu ni damashite ne uso wa kirai de suki" 「上手に騙してね 嘘は嫌いで好き」 kimi no kotoba 君の言葉 Imagoro ni natte kimochi wa itai hodo 今頃になって 気持ちは痛いほど dakara bokura sayonara だから 僕ら さよなら Itsuka mata ne to te wo furiatta kedo いつかまたねと 手を振り合ったけど mou au koto wa nai no deshou もう逢うことはないのでしょう Saigo no uso wa yasashii uso deshita 最後の嘘は 優しい嘘でした wasurenai 忘れない Ano hi mita sora akaneiro no sora wo あの日見た空 茜色の空を nee itsuka omoidasu deshou ねえ いつか思い出すでしょう Hatasenakatta yakusoku wo daite 果たせなかった 約束を抱いて futari arukidasu 二人 歩き出す Ano hi mita sora akaneiro no sora wo nee kimi wa oboete imasu ka Yakusoku chigiri shoka no kaze ga tsutsumu futari yorisotta Muri na egao no ura nobita kage wo kakumau Dakara kizukanu furi saisei wo erabu Teeburu no ue no furuenai shirase machitsuzukete Kuuhaku no yoru mo kuru hazu no nai asa mo zenbu wakattetanda Ano hi mita sora akaneiro no sora wo nee kimi wa wasureta no deshou Yakusoku chigiri shoka no kaze ni kieta futari modorenai Oto mo iro mo ondo mo hanbun ni natta kono heya Kyou mo chirakashite wa yure tsukare nemuru "Jouzu ni damashite ne uso wa kirai de suki" kimi no kotoba Imagoro ni natte kimochi wa itai hodo dakara bokura sayonara Itsuka mata ne to te wo furiatta kedo mou au koto wa nai no deshou Saigo no uso wa yasashii uso deshita wasurenai Ano hi mita sora akaneiro no sora wo nee itsuka omoidasu deshou Hatasenakatta yakusoku wo daite futari arukidasu あの日見た空 茜色の空を ねえ 君は憶えていますか 約束 契り 初夏の風が包む 二人 寄り添った 無理な笑顔の裏 伸びた影をかくまう だから 気づかぬふり 再生を選ぶ テーブルの上の 震えない知らせ 待ち続けて 空白の夜も 来るはずのない朝も 全部わかってたんだ あの日見た空 茜色の空を ねえ 君は忘れたのでしょう 約束 千切り 初夏の風に消えた 二人 戻れない 音も 色も 温度も 半分になった この部屋 今日も散らかしては 揺れ 疲れ 眠る 「上手に騙してね 嘘は嫌いで好き」 君の言葉 今頃になって 気持ちは痛いほど だから 僕ら さよなら いつかまたねと 手を振り合ったけど もう逢うことはないのでしょう 最後の嘘は 優しい嘘でした 忘れない あの日見た空 茜色の空を ねえ いつか思い出すでしょう 果たせなかった 約束を抱いて 二人 歩き出す. あの日見た空 茜色の空を ねえ 君は憶えていますか 約束 契り 初夏の風が包む 二人 寄り添った 無理な笑顔の裏 伸びた影をかくまう だから 気づかぬふり 再生を選ぶ テーブルの上の 震えない知らせ 待ち続けて 空白の夜も 來るはずのない朝も 全部わかってたんだ あの日見た空 茜色の空を ねえ 君は忘れたのでしょう 約束 千切り 初夏の風に消えた 二人 戻れない 音も 色も 溫度も 半分になった この部屋 今日も散らかしては 揺れ 疲れ 眠る 「上手に騙してね 噓は嫌いで好き」 君の言葉 今頃になって 気持ちは痛いほど だから 僕ら さよなら いつかまたねと 手を振り合ったけど もう逢うことはないのでしょう 最後の噓は 優しい噓でした 忘れない あの日見た空 茜色の空を ねえ いつか思い出すでしょう 果たせなかった 約束を抱いて 二人 歩き出す. あの 日 見た 空 茜色の 空を 아노 히 미타 소라 아카네이로노 소라오 그 날 올려다 본 하늘 노을빛으로 물들던 하늘을 ねえ 君は 憶えて いますか?。 約束 契り 初夏の 風が 包む 야쿠소쿠 치기리 쇼카노 카제가 츠츠무 약속을 맹세하고 초여름의 바람이 안으며 二人 寄り添った 후타리 요리솟타 두 사람은 함께 다가섰어 無理な 笑顔の 裏 무리나 에가오노 우라 억지스런 웃음 뒤에서 伸びた 影を かくまう 노비타 카게오 카쿠마우 늘어진 그림자를 숨겨줬어 だから 気づか ぬふり 再生を 選ぶ 다카라 키즈카 누후리 사이세이오 에라부 그래서 모르는 척 하고 재생을 택했어 テーブルの 上の 震えない 知らせ 待ち 続けて 테부루노 우에노 후루에나이 시라세 마치 츠즈케테 테이블 위의 울리지 않는 알람을 계속 기다리고 空白の 夜も 来る はずの ない 朝も 쿠우하쿠노 요루모 쿠루 하즈노 나이 아사모 공백의 밤도 찾아올 리 없는 아침도 全部 わかってたんだ 젠부 와캇테탄다 모두 알고 있었어 あの 日 見た 空 茜色の 空を 아노 히 미타 소라 아카네이로노 소라오 그 날 올려다 본 하늘 노을빛으로 물들던 하늘을 ねえ 君は 忘れたの でしょう 네에 키미와 와스레타노 데쇼우 당신은 잊어버렸겠죠 約束 契り 初夏の 風に 消えた 야쿠소쿠 치기리 쇼카노 카제니 키에타 약속을 맹세하고 초여름의 바람에 사라졌어 二人 戻れない 후타리 모도레나이 두 사람은 돌아갈 수 없어 音も 色も 温度も 오토모 이로모 온도모 소리도 색깔도 온도도 半分に なった この 部屋 한분니 낫타 코노 헤야 반쪽이 되어버린 이 방 今日も 散らかしては 揺れ疲れ 眠る 쿄우모 치라카시테와 유레 츠카레 네무루 오늘도 어질러 놓고는 흔들림에 지쳐 잠들어 上手に 騙してね 嘘は 嫌いで 好き 君の 言葉 죠우즈니 다마시테네 우소와 키라이데 스키 키미노 코토바 능숙히 속여봐요 거짓말은 싫으면서도 좋다는 당신의 말 今頃に なって 気持ちは 痛い ほど 이마고로니 낫테 키모치와 이타이 호도 지금이 되어서 기분은 아플 정도 だから 僕ら さよなら 다카라 보쿠라 사요나라 그래서 우리들은 작별이에요 いつか また ねと 手を 振り合ったけど 이츠카 마타 네토 테오 후리앗타케도 언젠가 다시 만나자고 손을 흔들었지만 もう 逢う ことは ないの でしょう 모우 아우 코토와 나이노 데쇼우 이제 만날 일은 없겠죠 最後の 嘘は 優しい 嘘でした 사이고노 우소와 야사시이 우소데시타 마지막 거짓말은 상냥한 거짓말이었어요 忘れない 와스레나이 잊지 않을거야 あの 日 見た 空 茜色の 空を 아노 히 미타 소라 아카네이로노 소라오 그 날 올려다 본 하늘 노을빛으로 물들던 하늘을 ねえ いつか 思い出す でしょう 네에 이츠카 오모이다스 데쇼우 당신은 언젠가 떠올리겠죠 果たせ なかった 約束を 抱いて 하타세 나캇타 야쿠소쿠오 이다이테 이루지 못했던 약속을 안고 二人 歩き出す 후타리 아루키다스 두 사람은 함께 걸어 나가. 試聽 在 KKBOX 中開啟 嘘 作詞:マオ 作曲:ゆうや あの日見た空 茜色の空を ねえ 君は憶えていますか 約束 契り 初夏の風が包む 二人 寄り添った 無理な笑顔の裏 伸びた影をかくまう だから 気づかぬふり 再生を選ぶ テーブルの上の 震えない知らせ 待ち続けて 空白の夜も 来るはずのない朝も 全部わかってたんだ あの日見た空 茜色の空を ねえ 君は忘れたのでしょう 約束 千切り 初夏の風に消えた 二人 戻れない 音も 色も 温度も 半分になった この部屋 今日も散らかしては 揺れ 疲れ 眠る 「上手に騙してね 嘘は嫌いで好き」 君の言葉 今頃になって 気持ちは痛いほど だから 僕ら さよなら いつかまたねと 手を振り合ったけど もう逢うことはないのでしょう 最後の嘘は 優しい嘘でした 忘れない あの日見た空 茜色の空を ねえ いつか思い出すでしょう 果たせなかった 約束を抱いて 二人 歩き出す. あの日見た空 茜色の空を ねえ 君は憶えていますか 約束 契り 初夏の風が包む 二人 寄り添った 無理な笑顔の裏 伸びた影をかくまう だから 気づかぬふり 再生を選ぶ テーブルの上の 震えない知らせ 待ち続けて 空白の夜も 来るはずのない朝も 全部わかってたんだ あの日見た空 茜色の空を ねえ 君は忘れたのでしょう 約束 千切り 初夏の風に消えた 二人 戻れない 音も 色も 温度も 半分になった この部屋 今日も散らかしては 揺れ 疲れ 眠る 「上手に騙してね 嘘は嫌いで好き」 君の言葉 今頃になって 気持ちは痛いほど だから 僕ら さよなら いつかまたねと 手を振り合ったけど もう逢うことはないのでしょう 最後の嘘は 優しい嘘でした 忘れない あの日見た空 茜色の空を ねえ いつか思い出すでしょう 果たせなかった 約束を抱いて 二人 歩き出す. あの日見た空 茜色の空を ねえ 君は憶えていますか 約束契り 初夏の風が包む ふたり寄り添った 無理な笑顔の裏 伸びた影をかくまう だから気づかぬふり 再生を選ぶ テーブルの上の震えない知らせ待ち続けて 空白の夜も来るはずのない朝も 全部わかってたんだ あの日見た空 茜色の空を ねえ 君は忘れたのでしょう 約束千切り 初夏の風に消えた ふたり戻れない 音も色も温度も半分になったこの部屋 今日も散らかしては揺れ 疲れ眠る 「上手に騙してね 嘘は嫌いで好き」君の言葉 今頃になって気持ちは痛いほど だから僕らさよなら いつかまたねと手を振り合ったけど もう逢うことはないのでしょう 最後の嘘は優しい嘘でした 忘れない あの日見た空 茜色の空を ねえ いつか思い出すでしょう 果たせなかった約束を抱いて ふたり歩き出す. 違ってたらすみません…. あの日見た空 茜色の空をねえ 君は憶えていますか 約束 契り 初夏の風が包む 二人 寄り添った 無理な笑顔の裏 伸びた影をかくまう だから 気づかぬふり 再生を選ぶ テーブルの上の 震えない知らせ 待ち続けて 空白の夜も 来るはずのない朝も 全部わかってたんだ あの日見た空 茜色の空を ねえ 君は忘れたのでしょう 約束 千切り 初夏の風に消えた 二人 戻れない 音も 色も 温度も 半分になった この部屋 今日も散らかしては 揺れ 疲れ 眠る 「上手に騙してね 嘘は嫌いで好き」君の言葉 今頃になって 気持ちは痛いほど だから 僕ら さよなら いつかまたねと 手を振り合ったけど もう逢うことはないのでしょう 最後の嘘は 優しい嘘でした 忘れない あの日見た空 茜色の空を ねえ いつか思い出すでしょう 果たせなかった 約束を抱いて 二人 歩き出す. あの日見た空 茜色の空を ねえ君は憶えていますか 約束 契り 初夏の風が包む 二人 寄り添った 無理な笑顔の裏 伸びた影をかくまう だから 気づかぬふり 再生を選ぶ テーブルの上の 震えない知らせ 待ち受けて 空白の夜も 来るはずのない朝も 全部わかってたんだ あの日見た空 茜色の空を ねえ君は忘れたのでしょう 約束 千切り 初夏の風に消えた 二人 戻れない 音も 色も 温度も 半分になった この部屋 今日も散らかしては 揺れ 疲れ 眠る 「上手に騙してね 嘘は嫌いで好き」 君の言葉 今頃になって 気持ちは痛いほど だから 僕ら さよなら いつかまたねと 手を振り合ったけど もう逢うことはないのでしょう あの日見た空 茜色の空を いつか思い出すでしょう 果たせなかった 約束を抱いて 二人 歩き出す だと思います。 。

5
を 空 の ます は 見 ねえ 茜色 憶え た 空 てい 日 か あの 君

17
を 空 の ます は 見 ねえ 茜色 憶え た 空 てい 日 か あの 君

。 。 。

20
を 空 の ます は 見 ねえ 茜色 憶え た 空 てい 日 か あの 君

。 。

を 空 の ます は 見 ねえ 茜色 憶え た 空 てい 日 か あの 君

。 。 。

1
を 空 の ます は 見 ねえ 茜色 憶え た 空 てい 日 か あの 君

。 。

19