采女 苗字。 肥後細川藩・拾遺:

苗字 采女

興長から八郎左衛門は、父康之姉の孫です。 『平家物語』によれば、寿永二年石黒光弘は倶利伽羅合戦の勝利に際して尽力したという。

苗字 采女

慶応二年、館村・御足軽尾崎市三郎。

15
苗字 采女

松井(竹田)先祖附長助項では、「梅松軒嫡子竹田藤松母は沼田上野介光長主の娘ニて、 春光院様奥様自得院の御姉にて御座候・・・・」と述べます。

4
苗字 采女

竹田梅松軒の妻は、松井康之の妻自得院の姉ですから、松井(井上)紀伊之勝は、康之姪 婿になります。 田中は、細川、松井、松井(田中)、田中、仲井、宇野、瀬戸、高野、本島、沢井、小沢、藤木、 久民、橋津、豊田、頼藤、吉田、江見、三宅、遠藤、三上、梶原、坂井、後藤、西川、平田、芳賀 と縁が出来ています。

6
苗字 采女

政次嫡男安太夫貞徳が十二歳 から、求馬御側に召出され、古城松井の賀之付を命ぜられることを考え合わせると、弘之の母、 「庶母上原某女チク、後嫁荒木某」は上原安太夫政次の娘かも知れません。 寿之と道仙娘ツヤとの子が松井豊之です。

8
苗字 采女

澄昭は後の三渕十左衛門です。 <名前の成り立ち>• 伊賀平内左衛門尉家長 平知盛の家臣。 康之の姉、康之の妻の姉の縁から、 角田、竹田、井上と、松井の称号、山本を加えた家老家之成り立ちが浮かび上がります。

3
苗字 采女

尾嵜 オザキ 吉見、入間、北本、鴻巣、戸田等に存す。 戸川村に二戸現存す。 志水孫八郎 重明の父は、志水悪兵衛の三男文右衛門清重です。

苗字 采女

現存無し。 ナガカワ参照。 染の弟克之(夭逝)、豊之、守 之(二十歳没)、真峰(郡源太夫真喬養子・郡織衛)、同妹奈野、留知の母は三宅道仙の娘ツサ です。

6