コミネ プロテクター。 オフロード走行の必需品!プロテクターをご紹介!

プロテクター コミネ

それにプロテクターもしっかりしていて、肩・肘が標準付属。 この曲がる構造を作っている人口脊髄ともいえる部分はプラスチックシェルと呼ばれ、写真でいうところのピンク矢印のところです。

14
プロテクター コミネ

つまりバイク乗車時の前かがみ姿勢は難なくできて、事故などで吹き飛んだときはのけぞりにくいという感じですね。 エルボーガードの時とは違い、かなり様々な体型をカバーするんでオススメです!自分はインナー用として使用中です! 若干ですが脛の部分が短くも感じられますがブーツと併用することによってジャストサイズですね。 イケてるライダー御用達のHYODのサイトと比較してみましょう。

プロテクター コミネ

EVS OPTION ニーシンガード! 先ほどの、EVSのエルボーガードの足バージョンですね! こちらはKOMINEのネオニーシンガードより長いので、オフロードブーツを履かない人はこちらの方が大きいのでオススメですね。

1
プロテクター コミネ

アウターとして使えばまだ良いんですが、インナーで使うと、服が盛り上がってものすごい体型に見えてしまうのがデメリットです。

5
プロテクター コミネ

このプロテクターは、夏用のメッシュジャケットで使っています。

12
プロテクター コミネ

プロテクターの入れ方 私のジャケットの場合、外側から入れることができるので入れやすかったです。 ツーリング先で観光するときは歩き回りますが、プロテクターベストがあると動きづらく、邪魔だなぁと思う場面が結構ありました。

17