肺炎 関連 図。 肺炎の看護と看護計画

図 肺炎 関連

子供の肺炎は症状だけではなどとの区別が難しいことも多い• 、は免疫の異常が原因なのでうつらない• 限られた時間で、必要な課題に取り組むことになりますので、ストレスを感じにくく、成果を出しやすい、ご自身にあった方法がいちばんです。 その原因と看護問題をつなげましょう。 間質性肺炎は、病変が間質(肺胞と肺胞の間)にあるものです。

20
図 肺炎 関連

実際にこれらにフォーカスした関連図の書き方を、例を使って紹介していきます。

8
図 肺炎 関連

関連図の書き方とコツ 前述のとおり、イメージした看護問題と必要となる情報がそろったら関連図におとしていきます。

4
図 肺炎 関連

バイタルサイン• という理由で、慣れないうちは、全体を確認する目的で、ざっくりとまとめて、それを清書する、という方法がおすすめです。 わたしは転倒転落によって外傷性ショックを起こした致命的だし、徘徊で行方不明になった場合も生命の危機に陥る可能性が未知数にあるので、 1に「転倒転落による身体損傷リスク」 2に「徘徊による事故の恐れ」をあげました。

15
図 肺炎 関連

動脈血ガス分析 呼吸不全の状態、呼吸性(代謝性)アシドーシスorアルカローシスの評価、酸素投与の要否、酸素投与後の評価のため、血ガスを測定する。 黄色ブドウ球菌、緑膿菌が問題になりやすい• memo5ベルクロラ音 マジックテープを剥がすときのようなパチパチという音。

図 肺炎 関連

㉛統合失調症 統合失調症は回復するが再燃しやすいという特徴があります。 レントゲンだけで肺炎でないとは言えない• たとえば、患者が患っている病気や治療法、その病気・治療により発生する症状・副作用、その症状・副作用により起こる生活への障害、その障害に関する看護問題、などです。

図 肺炎 関連

これにより、患者の病気や健康状態、さらには看護問題を視覚的に容易に把握することができます。 図2大葉性肺炎と小葉性肺炎 (山田幸宏編著:看護のための病態ハンドブック。

9
図 肺炎 関連

この患者さんがフラついてまで歩いていきたいところはどこなんでしょうか? もっと深く情報収集してみましょう。 肺胞性肺炎は、気管支から炎症が広がることで、炎症が散らばって見える 気管支肺炎と、肺葉1つ以上を占める 大葉性肺炎 だいようせいはいえん に分けられる。 不適切なアセスメントやケアは、時に患者の状態を悪化させることもあります。

14