トンイ ネタバレ。 トンイのネタバレ、あらすじと見どころ紹介

ネタバレ トンイ

無実の父が 殺人の濡れ衣を着せられ、死刑にされるというのです。 崔氏は王妃になる事はなく、1704年に延礽君(クム)を新たに迎えた王妃に託し本宮の昌徳宮を離れて梨峴宮に居所を移します。

10
ネタバレ トンイ

世子を出産し禧嬪まで上り詰める。 クムを出産した年、淑儀(従二品)となり、1695年貴人(従一品)となる。 そして 天涯孤独になり、悲しみを乗り越え 1人で生きていく事を決めたトンイ。

5
ネタバレ トンイ

またなぜ息子と離れて暮らすのか。 ひとりの少女が泣きながらトンイに助けを求めに来ました。 父親や兄を失ってしまったトンイであったが、 夢で生き延びろという父親の呼びかけに、 1人で生き残ろうと決意した。

9
ネタバレ トンイ

そこに光を当てたのが巨匠イ・ビョンフン監督。 粛宗と張禧嬪(チャンヒビン)の子世子との王位継承の闘争に巻き込まれつつあった延仍君を守るため、継室になることを拒否し、継室となった仁元 インウォン 王后に延仍君を託すことを決めます。

10
ネタバレ トンイ

「宮廷女官チャングムの誓い」や「イ・サン」を手がけたイ・ビョンフン監督の作品なのでドラマの面白さは保証されています。 。

8
ネタバレ トンイ

現に後の20代王景宗は母親である張禧嬪が賜薬に処されても3歳の時に世子になっており王になっている。 トンイとは。 イ・サンの祖父である英祖の実母が、スクピンチェ氏と呼ばれたトンイなのです。

13
ネタバレ トンイ

トンイの世話をしてくれたチョンスも、連れて行かれてしまったのでした。 見事イクホンが殺害された場所を言い当てました。

7
ネタバレ トンイ

従事官 捕盗庁の隊長 ソ・ヨンギはトンイの父親である仵作人ヒョウォンにイッコンの死体を調べさせました。 早速、彼女は粛宗のところへ向かうのですが…. 状況が悪くても兄さん!と呼び続け、立派にクムを育てたトンイ、最後はトンイが世子を見守るのですから~。 そして幼き頃の父や兄との思い出を想うのでした。

1
ネタバレ トンイ

修繕が終わった夜、王様はトンイを迎えにいった。