お 体 に は 気 を つけ て。 「お体に気をつけて」の敬語は?体調を気遣う年賀状やメールも

体 に を お は て 気 つけ

「体のために食べないようにしているもの」は、油っこくてカロリーが高い食べ物が多くあげられました。 好きだけど、あけると1袋食べてしまうから」(30歳/医療・福祉/専門職) ・「ポテトチップスや揚げているスナック菓子。 ここでは、目上の方に対しても失礼のない「お体に気をつけて」を伝える方法を紹介していきます。

7
体 に を お は て 気 つけ

クレバーであり、戦略家です。 したがって「気をつけ」+「ください」となり、「お気をつけください」が正しい表現なのです。 「お体に気をつけて」の手紙での書き方 手紙を出す際、文章の最後に相手への体調を思いやる言葉を添えるのがマナーとして一般的です。

12
体 に を お は て 気 つけ

」「風邪をひかないようにお体に気をつけてね」と書くと良いでしょう。 季節の変わり目ですので、十分お気をつけてくださいますよう。

体 に を お は て 気 つけ

皆様のご健勝をお祈り申し上げます• また「~下さい」としたところで目上の人に対して用いない言い回しはこれにあたりませんので注意しましょう。

13
体 に を お は て 気 つけ

「お体に気をつけて」のみの文章だと、相手への配慮の言葉とはいえ、目下の者に向かって言うような命令口調ととらえられてしまう場合があります。 親しい友人に使えるフラットな「お体に気をつけて」……「Take care. 「遠方へのご出張、どうぞお気をつけていってらっしゃいませ」 ビジネスメールでの使い方 ビジネスメールで「お気をつけて」と使いたい場面はたくさんあります。

体 に を お は て 気 つけ

なんとなく理解しているとは思いますが詳しく意味についてまとめていきます。

体 に を お は て 気 つけ

季節ごとの手紙などでも、そのシーズンごとの挨拶に合わせて「寒い日が続きますので、どうぞお体に気をつけて…」というように締めくくりの一文としてよく用いられます。

13
体 に を お は て 気 つけ

お体に気をつけてくださいに比べ、より丁寧な表現となり、以下のような例文にすればかなり目上の人に対しても使えます。

18
体 に を お は て 気 つけ

目上の人に「お体に気をつけて」を使用する際の注意点 目上の人に「お体に気をつけて」を使用する際に注意するべき点は相手が不快に受け取る可能性を考慮して、「お体に気をつけてください」などとより丁寧な表現にしたほうがよいです。 最後まで読んで下さりありがとうございました!. こちらも油ものなので、食べ過ぎは体によくありませんね。 言い方や使い方のポイントを抑えてから「お体に気をつけて」という言葉を届ける事で、相手の体調に対する配慮がより感じられ、素敵な心使いの文章になるのではないでしょうか。

16