主観 的 対義語。 「客観的」の意味と使い方・由来・反対語・辞書|主観的

対義語 主観 的

「subjective」 「 客観的の類語・英語」=「中正・公正・論理的・合理的・分析的」など。 また、「客観的証拠」は「供述以外の証拠」であると説明しましたが、専門家による現場検証などは「客観的証拠」とみなされる場合があります。 意味としては、他の人の意見を聞いて問題を解決するべきといった意味です。

1
対義語 主観 的

どちらかが欠けても問題になるのと、常に広い視野で考えることが大切です。 「恣意」は「思うまま。

18
対義語 主観 的

「主観」の言葉の使い方• 主観というのはあくまでも自分のパーソナリティーに基づいた考え方だと言えるでしょう。

2
対義語 主観 的

これを日常生活で常に行うのは簡単ではありませんが、意識して練習すればできるようになります。

対義語 主観 的

他の人の意見などを気にせずに単純に自分の中で感じたことですからね。

1
対義語 主観 的

半月が経過している時点で30万は少ない」 Cさんの意見は、AさんBさんと違い客観的です。 客観的の使い方としては、人と話している時に「他の客観的な意見はありますか」などと聞いたりします。 一方で、 「学校の試験」のようなものはどうでしょうか? 試験というのは、 みんなで一斉に同じ時間で始め、最後も同じ時間に終わります。

対義語 主観 的

「subject」は哲学では「自我」「主観」「主体」の意味をあらわしますが、日本語のように「主観」と「主体」を区別しません。 今まで主観的だった人が、いきなり客観的になるというのは難しいでしょう。

6