濡れ た 本 冷凍 ジップ ロック。 濡れた本は「冷凍」せよ!手順や理由をカンタン解説

本 濡れ ジップ た ロック 冷凍

フリーザーバッグとは、食品などを入れて保存する 袋のことです。

7
本 濡れ ジップ た ロック 冷凍

ちなみにネット上では、ジップロックに入れて冷凍庫を使う(ジッパーは閉めない)ライフハックも見られる。

本 濡れ ジップ た ロック 冷凍

色が移る可能性があるので、必ず白いものを使用してください。 電子レンジ加熱には使用しないでください。

6
本 濡れ ジップ た ロック 冷凍

さらにドライヤーで乾かすなどの処置を行うとなお、元通りに近づくのではないだろうか。 いくらか波打ってます。 長くお風呂で本を読みたいときは、飲み物を用意しておくのがおすすめです。

16
本 濡れ ジップ た ロック 冷凍

しばらくしたらはさんだティッシュを取り換え、別のページにはさみ、乾かす。 この時、ページ全体を紙ナプキンが届くようにするのがポイントだが、 本を90度以上開かないようにする。 試される方は自己責任でお試しいただくようお願いいたします。

2
本 濡れ ジップ た ロック 冷凍

ジッパーの無いタイプのポリ袋も可愛いデザインの商品がありました。 (つまりもう要らない本) 4冊あったので、 A 濡らしたあと、ジップロックに入れ冷凍する B) 濡らしたあと、ジップロックに入れ、厚い本2冊で挟んで冷凍する C) 濡らしたあと、自然乾燥する D) そのまま(比較用) としました。

7
本 濡れ ジップ た ロック 冷凍

濡れた本の直し方について、以下に手順や冷凍庫に入れる 理由についてご紹介していこうと思います。

4
本 濡れ ジップ た ロック 冷凍

055mmなので、これまでで一番薄い素材になります。 今回は速さを重視してターボモードでガンガンあててみました。 その中に濡れた本(今回は手帳)を入れ、ジップをせずに冷凍庫に入れる。

11
本 濡れ ジップ た ロック 冷凍

なので、冷凍保存する場合は必ずフリーザーバッグを使いましょう。 ドライヤーで乾かした時よりも状態はよかったように思いますが、まだ波打っていたので、こちらも土鍋重りを乗せて様子をみましょう。