小説 を 書く アプリ。 初心者が小説を書くためのオススメアプリとサイト5選を紹介!

書く アプリ を 小説

全て校正様に丸投げしてしまっても構わないといえば構わないのですが、 この本を一読しておくだけでも、何となく使っていた日本語の勘違いや、そもそもの書き方の基本というものを、より深く知ることが出来ます。 プロの小説家さんに限らず、小説は誰でも書いて楽しめるのが魅力です。

15
書く アプリ を 小説

メモは複数保存することができるのでいろんな小説の設定作りにも最適です! プロット作りなどに役立てたい人にオススメです! メモプラス 画面分割もしてくれる小説を書くアプリです。 でわでわ。

11
書く アプリ を 小説

少し他の人とは違う投稿サイトを使ってみたいという方は、taskeyの利用を検討してみてはいかがでしょうか。 パソコンなどと併用を考えている人にとって重宝する、PC版との同期機能を搭載しています。 文章作成アプリとしての使い勝手は一長一短なので、PagesやGoogleドキュメントといった類似アプリと比較して自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。

20
書く アプリ を 小説

ブラウザ上で、データ自体もサーバーに保存されているので、 パソコンでも、スマホでも、同じ作品を見て書くことができるのがとて~もありがたいですね(その点は Evernoteとかでも言えます)。 私自身、長く使っているサービスなので以前のような安定したEvernoteに戻ってくれるのを願っています。 その軽量、高速な動作からプログラマーに限らず作家や記者など文章書きの多くの人から支持されています。

17
書く アプリ を 小説

書くだけならこれで十分です(苦笑 ただページ数とか確認したいときはを使ってます。 【結論】小説プロットの書き方は「マインドマップ」がベストと思う 冒頭でも話したように、僕は 「マインドマップ」を用いた小説プロットがベストだと考えています。

20
書く アプリ を 小説

親が使っていたので、もちろん私に金銭的な問題はありません。 そしてこれは、何も漫画家だけの話ではありません。

書く アプリ を 小説

またかゆいところに手が届くのがこのソフトの良いところで、 そのままダウンロードしたてですと、テキストエディタとしては三流もいいところですが(笑)、 有志の方が無料で提供してくれる 拡張機能で、自分なりの 最強カスタマイズができます。 アウトラインエディタ 最近人気のタイプのエディタです。 投稿インセンティブの確認、支払い申請• ここからはそんなAndroidを使用して小説を執筆するのにおすすめのアプリを紹介します。

書く アプリ を 小説

マインドマップで発想力向上! 『MindMeister』 「マインドマップ」という用語をご存じでしょうか? 連想ゲームのような形で、一つの言葉 キーワード や概念 イメージ を中心にアイデアを派生させていき、自由にどんどん書き連ねていく思考ツールのことです。 本気で文章書きを目指したい方なら、ぜひ一度は触ってみて欲しいおすすめツールと言えますね。

17