古色 蒼然 と は。 古色蒼然 純米酒 : 酒呑童子のひとりごと。

と は 蒼然 古色

このCDについてはもっともっと詳しく書きたいが、きりがない。

14
と は 蒼然 古色

一方の「姫君」も美貌という評判から帝からもその弟の東宮からも、ぜひ傍にと所望されるが、さすがにそういう訳にはいかない。 ここで左大臣の兄の右大臣から、自分の娘、四の君を三位中将の嫁にしてほしいという申し出がある。

と は 蒼然 古色

混線につぐ混線 物語中盤ではこの性別が逆転している兄妹と、プレイボーイで話のひっかき回し役の宰相中将を軸に、様々な男女関係が成立し、話はどんどんややこしくなっていく。 古色蒼然たるその時計は、多くの人を魅了してきた。 また、エロスの世界で興味をひかれることが多い両性具有者(ふたなり)も同じような問題を抱えている。

1
と は 蒼然 古色

誰にも心の中に男性的な部分、女性的な部分の双方を持っているのであろうが、仮面としてかぶっている性のほうが、そのまま表に出やすいのであろう。

6
と は 蒼然 古色

まぁ、本格的な作品を作る人達はもっと頑張っているんだろうなぁ~… 古色蒼然 純米酒 さて今回も友人からの頂き物。 これがどうして「古色蒼然」なのか。

19
と は 蒼然 古色

そして先帝のただひとりの子である女一宮が女ながら東宮に立った。 こんなのはどうか? 例えば、アマチュアオケで時たまとてもいい演奏がある。 そこに二重の敬語が生じ、より一層格調の高いものになっている。

5
と は 蒼然 古色

「蒼」は灰色が混じっている青色を表し、少しくすんだような色を表します。 例文だと、 以下のような言い方です。 原典は、 とりかへばや物語 全四巻 全訳註 桑原博史 講談社学術文庫を用いた。

14
と は 蒼然 古色

女性の場合も同様である。 つまりこの物語主人公は、ずっと「右大将(元中納言)」なのである。 一方相変わらず家に籠もって過ごしていた「姫君」に、東宮(女一宮)の尚侍 ナイシノカミ として仕えさせないかという話が来る。