エルグレコ 受胎 告知。 エル・グレコの「受胎告知」30年ぶりに東京で公開 「はじまり、美の饗宴 すばらしき大原美術コレクション」開催中 : 文化 : クリスチャントゥデイ

告知 エルグレコ 受胎

すべてが幻想の産物であるかのように、現実感を超越している。 多くの画家がこの題材で作品を手がけており、レオナルド・ダ・ヴィンチの受胎告知はかなり有名な一枚だと思います。

17
告知 エルグレコ 受胎

*左側の聖母マリアが振り返った一瞬の動き、聖書のページもパラパラと動いている。

2
告知 エルグレコ 受胎

美術鑑賞の目を養う点で も実に優れた標本性があり、画家ならではの目利きによる選択の良さも特筆されます。 1910年代に表現主義の先駆者としてドイツを中心にグレコは再評価されていた。

13
告知 エルグレコ 受胎

エル・グレコの葬儀はトレドのサント・ドミンゴ・エル・アンティグオ教会で行われた。 パブロ・ピカソの「頭蓋骨のある静物」や、国吉康雄の「飛び上がろうとする頭のない馬」など、戦争の不安や悲しみを表すような絵は、敗戦へと至る厳しい時代の中で静かに耐え続けた大原美術館の姿を物語る。

4
告知 エルグレコ 受胎

日本の岡山県にある大原美術館にも、1590年に描かれたとされる受胎告知があります。 フラ・アンジェリコは「天使のような修道士」とも呼ばれ、その性格が反映されたような柔らかい作風が特長です。

3
告知 エルグレコ 受胎

ドームの作成は1431年までに完了しました。 また、虎次郎の収集品第一号となったアマン・ジャンの「髪」をはじめ、クロード・モネの「水連」、アンリ・マティスの「マティス嬢の肖像」など大原コレクションの礎となった作品の数々を見ることができる。 エル・グレコの墓はトレドで最初に祭壇画を手がけたこの教会にあります。

18